スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ブログ移行

情報を公開するブログを「DLsite blog」に移行しました。

http://alchemyblue.b.dlsite.net/
スポンサーサイト
2018-04-26 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【文字先行情報】水晶の呼び声のキャラクター

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。

「クトゥルフ神話RPG 水晶の呼び声」のサイトを正式オープンし、少し落ち着くことができました。
みなさん、Twitterでのいいねやリツイート、ありがとうございました。
http://www.alchemyblue.net/cthulhu-rpg3/top.htm

今回のお話は、この開発中の新作 『水晶の呼び声』 のキャラクターについて、文字だけで先行情報をお伝えしようと思います。
全身イラストや詳細設定は公式サイトの更新をお待ちください。

※開発中のため、変更になる可能性もあります。

■榊 凛太郎[さかき りんたろう]
ティザーサイトでは顔グラを載せていましたが、全身イラスト公開までお待ちください。
「頭もじゃふわ、親しみのある明るい性格、ちょっと軽くてどこか頼りない、犬みたいな雰囲気」
というのが彼のイメージです。

■秋本 楓[あきもと かえで]
ティザーサイトでは顔グラを載せていましたが、全身イラスト公開までお待ちください。
「背の低い幼さの残る格闘娘、純粋で猪突猛進、髪型はツイン三つ編みとアホ毛」
彼女は「神蔵 百合恵」という人物に憧れて空手をはじめたそうです。

■浪川 礼子[なみかわ れいこ]
ティザーサイトには載せていなかったキャラです。
「40歳の綺麗な女性、お胸が豊満、艶めかしい赤髪、ラーメンとお酒が好き」

■烏丸 健吾[からすま けんご]
こちらも載せていなかったキャラです。
「超常探偵事務所の若き所長、眼鏡、イケメン、知的、こわがり」

まだ新キャラはいますが、今回はここまでで。

以上、キャラクターの文字先行情報でした。
お読みいただきありがとうございました!
2018-04-01 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【クトゥルフ神話RPG】作品ごとの特徴など

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。

今回は『クトゥルフ神話RPG』シリーズの作品ごとの特徴をつづろうと思います。
制作中の『水晶の呼び声』の特徴は予定として書きます。

シリーズ通しての最大の特徴は、レベルやアイテム引き継ぎなどの救済要素を「途中で謎の解決を放棄して帰る」ことにより「好きなタイミング」で行えることだと思っています。


■瘴気の海に眠る少女(第1作)
【舞台】
 町外れの山にある廃屋敷
【主人公】
 高校2年生
【仲間】
 同級生のゆるふわしっかりもの女子
 同級生のすばしっこいお調子もの男子
 同級生のポニテ空手女子
 変Tを着ている廃墟マニア
 拳銃を持つ黒服の渋いおっさん

【主な特徴など】
 シンプル
 クトゥルフ神話からのネタあり

『クトゥルフ神話RPG』シリーズをはじめてプレイするのに最適な作品だと思います。
作風・シナリオの雰囲気・ゲームシステム・ゲーム性などをこの作品で見て、気に入っていただけたら幸いです。2作目の『血塗られた天女伝説』も楽しんでいただけると思います。


【舞台】
 山奥の村
【主人公】
 成人(20代・職業選択あり)
【仲間】
 同世代のゲーム好き男親友
 20歳のオカルト好き女性タレント
 ガラの悪いおっさんフリージャーナリスト
 ドジっ子で食いしんぼうな巨乳女性記者

【主な特徴など】
 和風ホラー(敵が妖怪など)
 ストーリーの重要度が大きい
 村人などへの聞き込みあり
 アイテムの調合・調理などあり
 落ちているアイテムのランダム要素あり
 時間制限は約1週間

こちらは2作目ということもあり、できることが大幅に増えました
ほどよいバランスの時間制限と噛み合った「昼の聞き込み」と「夜の探索」
村人との会話を楽しむ。素材を拾って調合・調理をする。落ちているアイテム目当てに宝探しをする。妖怪退治をする。時間の許す限り好きなことができます

この『血塗られた天女伝説』で今後の『クトゥルフ神話RPG』の方向性が定まり、作風やオリジナル要素も確立できたと思います。


【舞台】
 ひとつの市を中心としたいくつかの地域
【主人公】
 成人(20代・30代・40代から選択・職業は前作の倍以上)
【仲間】
 22歳の人懐っこくて明るい男性
 19歳の突進系天然空手女子
 40代の仕事ができる綺麗なおばさん
 30代のヘタレなメガネ男性 、

【主な特徴など】
 2016年の現代都市(いくつかの地域へ移動可能)
 超常探偵事務所の調査員として超常現象を調査する
 花子さんや口裂け女などの都市伝説要素あり
 敵やアイテムなどクトゥルフ神話要素あり
 仲間たちが特殊なチカラを使える
 仲間たちとSNS「LINK」で交流ができる
 町の人達などへの聞き込みあり
 生活感の重要度が大きい(店での買物 、自宅でゲームや本読みなど)
 イベントや行動などで一部のスキルが成長する
 アイテムの調合・調理・製作ができる(倉庫あり)
 落ちているアイテムのランダム要素あり(一部のダンジョン)
 時間制限は1ヶ月以上

かなり伏せて書いてますが、まだまだ書ききれないほどの要素があります。
『水晶の呼び声』は2016年の現代都市が舞台ということもあり、過去作と比べて私達の現実に非常に近いです。
それ故、そこで起きている超常現象迫る狂気などが、絶妙な不気味さを出してくれると思います。

探索やストーリーはもちろんですが、今回もっとも重要視しているのは「生活感」です。
ゲームで得られる「生活感」が増すほど町を渦巻く狂気をより身近に感じ、それが他の要素の楽しさ・面白さを何倍にもしてくれると思って制作をしています。

あまり大きなことを言うとあれですが、それだけ力を入れているということなので、ぜひご期待ください。


以上、作品ごとの特徴のお話でした。
お読みいただきありがとうございました!
2017-12-02 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

【天女伝説】没案:花蓮の教師設定とヨモツヘグイ

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。


今回も『血塗られた天女伝説』の没案をご紹介します。


■花蓮は教師だった
一番最初の設定では、花蓮は教師でした。
しかも主人公と勇矢の友人で、雨降り村にはこの3人で来るという設定でした。

すぐに変わった設定なので、教師設定の詳細はありません。

■ヨモツヘグイ
村や森で採れる果物ですが、これらは最初は「浄化」してから食べないと「ヨモツヘグイエンド」になるという設定でした。
かなめの家に神聖な祭壇があり、そこに置くと浄化できる。浄化していない食べ物は持ち物欄で「リンゴ(ドクロマーク)」みたいな表示にする。というものでした。

このシステムを作ろうとした時に再考し、これは「プレイしててめんどくさい」と思ったので没になりました。
移動した先でその場でもぎ取ってちょっと回復、というのが果物の利点なのに、持って帰って浄化しないといけないというのは面倒過ぎだと思ったんです。

そこまでしないと生き残れない、という物語の厳しさでも良かったんですが、プレイしやすさを優先しました。

■村人の異界化
最初は赤い夜にも村人は存在している設定でした。
タイムリミットが近づくにつれて村の異界化が進み、村人が異形の存在となる。後半になるとこの村人とも戦闘になり強敵なので、探索が厳しくなってくる。というものでした。

このシステムの穴が「重要人物も異界化する」というところでした。
オープンワールドゲームみたいですが、重要なNPCが事故とかでしんで関わるクエストが進まなくなるみたいな、そういうことが発生するシステムなので没にしました。

そういうこと自体はゲームの面白さに入るのでいいのですが、それを作るのが大変過ぎるので没に。
あとこのシステムだと、後半の異形の存在になるまでに話を進めないといけないので、それも含めてしんどいなと。


以上、天女伝説の没案のお話でした。
お読みいただきありがとうございました!
2017-06-28 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop

【天女伝説】没にしたゲームシステム

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。


今回は『血塗られた天女伝説』の制作中に「没にしたゲームシステム」のお話をします。
正直覚えてないものもあると思います。

■ヘビースモーカーのニコチン切れ
たばこのことですね。
友人にもヘビーな人がいるのですが、話を聞いてると「ニコチンが切れると集中力が底まで落ちてイライラする」らしいので、それをゲームに取り入れようと思ったことがありました。

その時考えていたのは、一定時間ヘビースモーカーがたばこを吸わないと「○○は たばこが すいたくなってきた。」と出て、吸うまで「戦闘中の命中回避がそこそこ落ち」「何をしてもSAN値が回復しなくなる」「SAN値を喪失する確率が増加する」というものでした。
そのかわり、アイテムのたばこを使った時にSAN値が回復する確率が100%に近く、上記のイライラ状態で吸うと必ずSAN値が回復します。

ただ、実際の友人の話を聞いてると1日に何度もあるらしく、仮にゲームとして落とし込んで「1日に1回程度」だとしても、相当なプレイストレスになると思ったのでやめました。

ちなみにヘビースモーカー該当キャラは、選択肢による主人公と草壁を考えていたので、主人公は選択肢で回避できるとしても、草壁を入れることがストレスになるのはいけないな、と。
ただでさえオープニングイベントで嫌われるのに…。

まぁ酒の好みもたばこの好みも、天女伝説ではあまり目立ったシステムになっていないので、次回作ではもう少し昇華させたいと思っています。

■嘘を見破る
最初は村人の中に「嘘」をついている人物を入れ、心理学や聞き込み技能を使って隠している情報を聞き出すのを考えていました。

ですが「セリフに嘘をついている感じを出すかどうか」「出すなら技能なくても分かってしまう」「でも出さないなら技能必須どころか、どの情報に対して嘘ついてるかすら分からない」「結果聞き込みの難易度激増」となり、ビデオゲームというリアルトークがない故の障害が多々でてきて断念せざるを得ませんでした。

嘘だとバレないためには、今のように「一度聞いた情報は灰色になる」機能も入れられなかったので、そのまま作っていたら難易度がすごいことになっていたでしょう。

■死んだ仲間の魂化
ぶっとんだシステムですが、最初は天女伝説も瘴気のように「リタイアした仲間はそのまま」のつもりでした。
ですがシナリオやキーイベントを作っていくにつれ「…これ、死んだ仲間ごとの分岐無理…」ってなったんで、天女伝説は誰かのリタイアがそのままゲームオーバーとなりました。

その時に考えていたシステムで「好感度が高い仲間が死ぬと魂化してパーティから外れないでいる」というものでした。
シナリオからはリタイアした存在ですが、赤い夜では透けた仲間がパーティに存在していて、普通に戦闘に参加します。

瘴気で「仲間のリタイアはデメリットしかないが、どうにかメリットにもできないだろうか」と思って閃いたんですが、色々とぶっとんでました。
設定的に赤い夜に魂がついてきてもおかしくはないとは思うんですが、上記のリタイア分岐が無理すぎて一緒に没になりました。


まだもう少しあったと思いますので、思い出したらまた書きます。
お読みいただきありがとうございました!
2017-06-15 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

クトゥルフ神話RPG 3作目の構想と妄想 その2

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。


前回の続き「次回作の構想と妄想 その2」です。

■都市伝説ネタ
次回作には都市伝説ネタをけっこう入れようと思っています。
例えば「花子さん」「口裂け女」「赤マント」「スレンダーマン」といった存在が敵として立ちはだかるなど。
都市が舞台なのに、どのように敵として出現するのかは伏せておきます。

花子さんはそのまま、学校での出現を予想されると思います。
実際に学校かは伏せますが、次回作は今までのような一つのダンジョンのような作りではなく、後述のある場所を拠点とし、都市の様々な場所(ダンジョン)に出向くという形なので、色んなダンジョン・敵が登場します。

■主人公とその仲間たちは探偵事務所所属
次回作のメインキャラたちは、ある探偵事務所に所属しています。
主人公も物語導入時にあることがきっかけで所属するようになります。
どうやらここでは「超常現象」を主に調査しているようで、所属しているキャラたちは何らかのチカラを持っている様子…。

■クトゥルフ神話要素が盛りだくさん
物語の根幹に触れることもあるので詳細は伏せますが、瘴気・天女とは比較にならないくらい盛り込みます。
ニャルなんとかさんにまた会えるかもしれません。

■幼女
次回作にも幼女は登場します。
もうこのシリーズの真の肝ですね。
おしとやかな幼女と気の強い幼女の2人が見えます。

■新システム「製作」
そのままですが、アイテムが作れます
まだまだ構想段階ですが、レシピを選んで作るタイプのものと材料を自由に選んで作るタイプの2つを考えています。
レシピタイプは「木材を加工してバットを作る」
自由選択タイプは「釘とバットを組み合わせて釘バットを作る」
こんな感じをイメージしてアイテム案を作っているところです。


では今回は次回作のお話その2でした。
お読みいただきありがとうございました!

2017-06-08 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

クトゥルフ神話RPG 3作目の構想と妄想 その1

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。


天女伝説のネタが思い浮かばなかったので、今回は「次回作」の構想と妄想を書き綴ります。
すでに構想が固まっている部分もありますが、まだまだ妄想の域を出ない点もありますので、あくまでも予定・願望ということで。

■舞台は「都市」
山奥の館、人里離れた村ときて、次は都市を舞台にする予定です。
移動範囲が少しずつ広がってきています。
場所は東京になるのかな。

■主人公作成に年齢選択を
瘴気から天女で職業選択。
天女から次回作で年齢選択の追加と、少しずつ進化させていく予定です。
まだバランス含めての構想固めはできていませんが、20代・30代・40代から選べて、年齢が上になるほど身体能力にマイナス補正がつき、かわりにINTとEDUにプラス補正がつくというシステムを考えています。

もちろん見た目も男女ともに3種類用意する予定です。
シナリオの都合上、今回の主人公はスーツ姿になると思います。

■物語の期間は○ヶ月
今回も時間経過を入れる予定ですが、日数は天女よりも余裕を出します。
具体的な内容は伏せますが、○ヶ月という長い期間の中で事件を解決していき、それぞれの事件を短期間で解決すればするほど後の事件に費やせる日数が増える、いわゆるカレンダーシステムを考えています。
早く解決すれば残りの期間が次の事件に上乗せされるので、慣れや周回で自由に動ける期間が増えるというバランスも考えてこうなりました。

ただ○ヶ月といっても、ボリューム自体(事件の数やシナリオの長さ)は周回のことも考えてそんなに長くならないようにします。
あくまでもそれぞれの事件に対する調査期間・自由時間が増えるのが主です。

■お金の概念
今作は都市部が舞台ということもあり、いわゆるショップもあります。
当然コンビニで水やジュースが買えるでしょうし、ホームセンターでバールや鎌、スポーツ用品店ではバット、スーパーで食材も買えるでしょう。
ですが一般的なRPGのように「敵を倒してお金を稼ぐ」という行為は、現代社会が舞台であるこのシリーズにおいては不自然極まりないです。
でもお金の概念は実装します。マッカ的なものではなく、普通の日本円です。
どのような形での実装かはお楽しみいただければと思います。


けっこう語れそうなので、更新増し用に残りのネタは次に置いておきます。

では今回は次回作のお話その1でした。
お読みいただきありがとうございました!
2017-06-04 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

【天女伝説】着物の女の没案

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。


今回のネタは「着物の女の没案」です。

最初は今のようなシンプルなものではなく、「人のパーツを持った何か得体の知れない存在」として考えてデザインしていました。

それでは早速ですが、どうぞ。
一応閲覧注意です。




















悪霊ラフ 
作者が病気って言われそうな感じでしょうか。

弁解すると、これのほとんどはイラストレーターの発想なんですよ。
自分は「ケツに乳首が欲しい」しか言ってないですからね。

結局キモいグロイだけで怖くはないよなーという話し合いで終わり、後日シンプルに「見た目は普通の人間」「目が真っ黒で血の涙を流してる」「大きい口を開けて中が真っ黒」「着物」というキーワードを伝えて今の着物の女を産んでもらいました。

着物の女のラフ画をもらった時、寒気がしてとっさにモニターから目をそらしたのを覚えてます。
今では可愛い娘のように見えてますが。


では今回は着物の女の没案のお話でした。
お読みいただきありがとうございました!
2017-05-27 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

【天女伝説】没キャラのお話

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。

今回からは不定期で「開発秘話」のようなものをお送りしていきます。
といってもネタバレに関することはまだまだ伏せておきたいので、そんなにネタがあるわけではないですが。


では今回のネタは「没キャラ」です。

開発当初は、天女伝説も瘴気と同じように仲間を5人出そうとしていました。
「緒方衛(まもる)」のように主人公の性別の逆というのは、イラストレーターの作業量を考えてやめることにしましたけどね。

衛ポジションということでイロモノにしたのですが、ラフ画を描いたイラストレーターから一言。



「こいついる?」

ときたので、割りと速断で没にしました。

ではイラストをどうぞ。




















没・溝畑圭太郎_ラフ案 
名前:溝畑 圭太郎(みぞばた けいたろう)
26歳、美雪と同じユゴス出版に在籍しているカメラマン。
美雪同様に草壁との活動が多く、根性論などを仕込まれているが本人は無関心。
両親が大富豪なので仕事をする気はなかったが、一般常識を磨いてこいと言われ家を追い出された。
とは言っても毎月それなりの仕送りはあるようで、生活には困っていない。
ぬるま湯環境で育ってきたせいで考え方が甘く、趣味も持っていないため毎日ぼーっとして過ごしている。

能力値は全体的に低い。
何の取り柄もないが、唯一「写真術」の技能を持っているのでカメラでの写真撮影や、手に入れた写真の違和感を読み取ることができる。

こんな感じの設定でした。
まだカメラ撮影が写真術の技能がないとピンぼけするとか、それがないと撮った写真の変なところに気付けないとか、そういう設定があった頃の案ですね。
でも作っていて必須技能になりそうだったのと、必須にしないルート分岐を作ると逆に死に技能になるということで没にした技能です。

まぁ順番的には、こいつ没→写真術没、ですけどね。

あとこいつ、無気力系なのでセリフがいちいち腹立つことになりそうだったのも没の理由です。
草壁さんは男らしさや意外な優しさで魅力がありますが、こいつはマジで魅力がなかったんです。

仲間5人より4人の方が実績も解除しやすいですしね。


では今回は没キャラのお話でした。
お読みいただきありがとうございました!
2017-05-20 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

クトゥルフ神話RPGシリーズについて

ブログの方ではお久しぶりです。
ずっとツイートまとめにしか使っていませんでしたが、ちょっと長い内容を書きますので久しぶりにブログで色々とお伝えいたします。

遅くなりましたが「クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説」
無事に発売することができました!
制作にご協力くださった皆さん、応援してくださった皆さん、
本当にありがとうございます!

まだまだネタバレの絡むお話はできませんが、今作は「瘴気の海に眠る少女」以上の力作・自信作だと思っております。

もちろん瘴気がダメだというわけではなく、瘴気には瘴気の良いところがありますし、
瘴気があったからこそ不満点などを分析して天女の完成度をより高めることができたと思います。


そして天女を出した今、私は瘴気を「シンプルな入門用」の作品だと思っています。

クトゥルフ神話RPGは、従来のRPGにはないSAN値というパラメータや、アイテムが限られていること、超越した存在から逃げる場面があることなどから、ゲームに慣れていない方にとっては最初は難しく感じると思います。

ですがクトゥルフ神話RPGは、バ○オハザードのような「システムや敵のことを知ることでドンドン楽になっていく」タイプのゲームだと思っておりますので、最初の戸惑いだけですぐ諦めずに挑んでいただければ幸いです。


もちろん、慣れても厳しいという方のために「レベルやアイテムの引き継ぎ」要素も実装しております。

レベルが高くなってもステータスが上がらないゲームですが、実際は「ほとんどの計算式」にレベル補正が入っていますので、高くなるほど「与えるダメージが増えて」「受けるダメージが減って」「正気度が減る確率も少なく」なります。

目には見えませんが、プレイしていると体感で気付くほどの補正が入っています。


こうして少しずつ恐怖に挑んでいただき、瘴気をクリアする頃にはクトゥルフ神話RPGに慣れていると思います。

そこから新システムである「聞き込み」も入れた「血塗られた天女伝説」に入っていただき、瘴気とは違った舞台・キャラ、そしてシナリオや新しいシステムを楽しんでいただければ幸いです。

ゲーム全体のボリュームも、天女伝説は瘴気の2倍か3倍以上はあると思いますので、ぜひ遊んでいただければ!


ぶつ切りですがこの辺で。
もっと日にちが経てば開発秘話のようなお話もしていきたいと思っています。


前置きが長くなりましたが、最近よくいただくご質問やご感想にお答えいたします。

■瘴気と天女、どっちからやればいいですか?
1.瘴気→天女とやると、ゲームに慣れるのとシステムの進化を感じることができます。
2.開発者目線ですと「天女の方が完成度が高いから天女からやってほしい」という気持ちもあります。

今瘴気が半額なので価格的には瘴気がいいかもしれませんが、開発サイドからだと「両方買ってください」とお願い申し上げます。

瘴気と天女につながりはありますか?それは大きいですか?
ありますが、シナリオへの直接的な関係はありません。
その内のひとつを今ここで公言しますが、瘴気の仲間キャラ「姫野紗知」と天女の仲間キャラ「姫野勇矢」は姉弟です。

シナリオへのつながりの度合いですが、私は「極々小さい」つながり、それこそ「小さな小さな小ネタ」レベルだと思っています。

もちろん「クトゥルフ神話RPGにドップリハマった後ならニヤリ以上の衝撃を受ける」可能性もありますが、その時はもうどちらも実績コンプレベルまで遊ばれているのではないかと思います。

はじめて遊ばれる方には何の影響もなく、深く遊ばれた方には非常に良い考察材料となる、という感じでしょうか。

えっちなクトゥルフ神話RPGを出してほしいです。
プレイしたいかプレイしたくないかで言うと「俺もそれヤリたい」
でもエロに頼るのではなく、ゲームとしての面白さで勝負をしたいというのがサイト立ち上げからの意志なので、申し訳ありませんが出す予定はありません。
百合恵のエロは見たいので、誰かお願いします。

■杉田さんとのことについてkwsk
ご想像にお任せします。
でも杉田さんとゲームの協力プレイとかを一緒にやったり、テーブルを囲んでゲームについて語り合いたいです。

新作期待してます!(3作目のことやで)
ネタはあるし構想も割りと固まったけど、今の構想のままだと天女を超えられないから閃きを待ってるところやで。

パッケージ版は出さないのでしょうか?
申し訳ありませんが、今のところ出す予定はありません。

実況動画とか配信とかしてもいいでしょうか?
ご自由にどうぞ!でもURLとか教えていただければ嬉しいです。
こっそり見に行きます(*´ω`*)

キャラたちの色んな絵が見たいです!
私も見たいのでイラストレーターに言ってるんですが、イベントの準備とかで忙しいようで全然描いてくれません。
同人誌作られてる方やイラストを描かれている方などにもっと広まれば嬉しいですね。
2017-05-12 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

制作ゲーム

クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説 紹介ページへ
クトゥルフ神話RPG 瘴気の海に眠る少女 紹介ページへ
Sword Seeker 紹介ページへ

カテゴリー別の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。