スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【天女伝説】没キャラのお話

みなさん、こんにちは。
AlchemyBlueのマコトです。

今回からは不定期で「開発秘話」のようなものをお送りしていきます。
といってもネタバレに関することはまだまだ伏せておきたいので、そんなにネタがあるわけではないですが。


では今回のネタは「没キャラ」です。

開発当初は、天女伝説も瘴気と同じように仲間を5人出そうとしていました。
「緒方衛(まもる)」のように主人公の性別の逆というのは、イラストレーターの作業量を考えてやめることにしましたけどね。

衛ポジションということでイロモノにしたのですが、ラフ画を描いたイラストレーターから一言。



「こいついる?」

ときたので、割りと速断で没にしました。

ではイラストをどうぞ。




















没・溝畑圭太郎_ラフ案 
名前:溝畑 圭太郎(みぞばた けいたろう)
26歳、美雪と同じユゴス出版に在籍しているカメラマン。
美雪同様に草壁との活動が多く、根性論などを仕込まれているが本人は無関心。
両親が大富豪なので仕事をする気はなかったが、一般常識を磨いてこいと言われ家を追い出された。
とは言っても毎月それなりの仕送りはあるようで、生活には困っていない。
ぬるま湯環境で育ってきたせいで考え方が甘く、趣味も持っていないため毎日ぼーっとして過ごしている。

能力値は全体的に低い。
何の取り柄もないが、唯一「写真術」の技能を持っているのでカメラでの写真撮影や、手に入れた写真の違和感を読み取ることができる。

こんな感じの設定でした。
まだカメラ撮影が写真術の技能がないとピンぼけするとか、それがないと撮った写真の変なところに気付けないとか、そういう設定があった頃の案ですね。
でも作っていて必須技能になりそうだったのと、必須にしないルート分岐を作ると逆に死に技能になるということで没にした技能です。

まぁ順番的には、こいつ没→写真術没、ですけどね。

あとこいつ、無気力系なのでセリフがいちいち腹立つことになりそうだったのも没の理由です。
草壁さんは男らしさや意外な優しさで魅力がありますが、こいつはマジで魅力がなかったんです。

仲間5人より4人の方が実績も解除しやすいですしね。


では今回は没キャラのお話でした。
お読みいただきありがとうございました!
2017-05-20 : クトゥルフ神話RPG : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
確かにこいつ追加するぐらいなら聡さんPC参加させてくれよと思いますかねw
2017-05-21 19:36 : LRM URL : 編集
No title
なんというか「積極性」においてテコ入れが必要な人物像ですね
これが赤い夜の雨降り村で常識を覆す妖怪の存在に対し目を剝いていきりたって写真を撮りまくる程度は必須かなと思った
理想もない、悲願もない、さらには趣味すらない、強いて挙げるなら写真のみ
そこに常識を超えた被写体が現れた時、彼は自身の運命に相対する事になるか否か
運命に背を向け今まで通り生きた死人同然に生きる事も可であれば
運命に真っ向から立ち向かい究極の被写体を求める事も可である

でも、コイツは採用されてもNPC枠の方がしっくりきますね
2017-05-22 16:44 : 対+九朗 URL : 編集
No title
>>LRM様
でしょw
聡さんは最終日直前とかに参加させようか迷ったんですけど、もうこいつは真のヒロイン枠でいいわってことで足の怪我が企画当初よりも酷くなりました。
2017-05-22 19:23 : マコト URL : 編集
No title
>>対+九朗 様
どんなことがあっても「めんどくさい」で済ますような性格だったので、どんな場面でも前に出ないキャラになってたと思います。
写真術も仕事で必要だから嫌々慣れたって感じです。

NPC枠とかで、例えば最初の祭儀場イベントで草壁・美雪とこいつで現れて、赤い夜になったら悲鳴あげて逃げる。以後消息不明、みたいな感じならありだったかもしれません(笑)
2017-05-22 19:26 : マコト URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

制作ゲーム

クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説 紹介ページへ
クトゥルフ神話RPG 瘴気の海に眠る少女 紹介ページへ
Sword Seeker 紹介ページへ

カテゴリー別の記事

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。